SUSTAINABILITY STRATEGY サステナビリティ戦略 SUSTAINABILITY STRATEGY サステナビリティ戦略

マテリアリティ(重要課題)特定

<プロジェクトテーマの例>

  • ■ マテリアリティ・マトリクス策定支援
  • ■ マテリアリティに対するKPI・目標策定支援
  • ■ マテリアリティに対する推進体制検討支援

マテリアリティ・マトリクス策定

企業価値への影響度の高い課題(マテリアリティ)の特定は、中長期的な価値創造ストーリーの起点となります。
マテリアリティを特定する際には、経済的な課題だけでなく社会的・環境的な側面からの課題も考慮する必要があります。また、取り組むべきマテリアリティを決定した後は、取組みの優先度の検討が欠かせません。
自社の事業活動にとっての重要度の高さに加え、自社のステークホルダーからの期待によって重み付けをし、取組みの優先度を可視化する手法が、マテリアリティ・マトリクスの策定です。
オウルズコンサルティンググループは、マテリアリティ・マトリクスの策定支援を数多く行ってきました。戦略コンサルティングの実績も持つサステナビリティ分野のプロフェッショナルが参画することにより、客観的かつ網羅的な視点にもとづくマテリアリティ・マトリクスの策定が可能になります。

マテリアリティのKPI策定支援/推進体制検討支援

マテリアリティ・マトリクス策定後は、それぞれのマテリアリティに対する着実な対応が求められます。管理指標となるKPIを設定することにより、対応状況が可視化されます。また、マテリアリティは、環境・社会的側面での課題を含む広範なものです。そのため、社内での推進体制の整備は不可欠です。

オウルズ・コンサルティング・グループは、企業戦略の理解にもとづくマテリアリティ・マトリクスの策定から、KPI検討・モニタリングの仕組み構築、推進体制の検討支援まで、一気通貫での支援が可能です。マテリアリティの達成状況の判定には、モニタリングが可能な定量目標の策定が不可欠です。また、マテリアリティへの確実な推進を実現するための、社内の体制整備への助言を提供します。

Why OWLS?

  • ■ 多様なセクターに対する豊富なマテリアリティ特定の支援実績
  • ■ 環境・人権NPO/NGOの理事、事務局長を兼務するコンサルタントによる、社会課題に対する深い理解
  • ■ 戦略コンサルティングファームでの経営計画・事業戦略関連プロジェクト経験が豊富なコンサルタントによる助言
  • ■ 事業会社の経営企画部での実務経験豊富なコンサルタントによるリアリティあるマテリアリティの優先度特定
お問い合わせ
お問い合わせ